Home > 佐々木 亮平
2018.12.11

ボヘミアン・ラプソディ

今公開しているボヘミアン・ラプソディを観てきました。
フレディ・マーキュリーの伝記映画です。興味ない人でも1曲くらいは聞いたことがあるクイーンの曲。
クイーンを知らない世代もこの映画を入り口にしてファンが増えてきているみたいです。
企画は8年前から動いていて紆余曲折ありようやく完成した映画みたいです。最初の監督はデビットフィンチャーが担当するはずだったとか。
広告にもある通りラスト21分のライヴエイドのコンサートシーンが圧巻。ぜひ音響のいい映画館で見て欲しい。IMAXかTOHOのドルビーアトモスあたりがいいかと思います。
あとは俳優が似すぎ!ラストのライブシーンを家に帰ってからyoutubeで見ると動きも姿形もそっくりで笑いました。ここまで似せられるかと。

作品のテーマとしてはフレディの孤独が全面に出ていました。天才ゆえに誰からも理解されないことへの葛藤やインド系の生まれであること、同性愛者であること、外見のコンプレックス。バンドに入らせてくれと声をかけた時もその出っ歯じゃ無理だろと断られたりします。1970年代の差別や偏見がひどかった時代を考えるとその孤独感たるや相当だったと思います。

特に近年の映画を見ても「スターウォーズ」は女性が主役となりアフリカ系もアジア系も出るし「ブラックパンサー」は黒人が主人公、アカデミー賞の「シェイプオブウォーター」は監督曰く半魚人はメキシコ人の自分を重ね、仲間は聾唖の女性と黒人の女性たちで敵は白人というわかりやすいコンセプトで描いています。今この映画が公開されてヒットしているのもこうした流れが続いているからかなぁと少し思いました。

クイーンの曲を大音量で聴くだけでも感動できると思うのでおすすめできる映画だと思います。

2018.08.07

週刊少年ジャンプ50周年

今ジャンプ50周年を記念した展覧会、その名も「ジャンプ展」が開催しています。
何がすごいって六本木で普段美術の展覧会が行われているような
森アーツセンターギャラリーで行われており、
50年分の生原稿が期間を分けて展示されています。
ジャンプ黄金期の読者としては行くしかない。
外は暑いしこれなら涼みながら楽しめます。

 

生原画なので印刷では見えない修正やベタのムラ、トーンの削りまで見えます。
ベタひとつとってもざっくり塗っている作家もいればムラさえも均一に描いている
几帳面な作家もいます(こういう作業はアシスタントが多いでしょうが)。
今開催しているのは2000年代以降の作家陣なのでワンピースやデスノート、
ハンターハンターの作者などが揃っています。
中でも超絶技巧すぎる漫画家、デスノートの作画小畑健先生はマーカーで描かれているのに
立体感を感じられるほど。
印刷物になってしまうのがもったいないと感じてしまいました。
と思えば効率化がうまいと思ったのがハンターハンターの冨樫先生。
コピーの切り貼りしまくりです。
キャラクターだけではなくベタフラッシュまで流用して切り貼りして
スクリーントーンのように使っていました。
作家によっての性格まで見えてしまうのが原画の良いところですが
デジタル原稿が主流になりつつある時代においては
このような個性が見えにくくなってしまうと思うと少し寂しくもなります。
生原稿が見られるジャンプ展、9月30日まで。

 

 

 

2018.03.26

生頼範義展

1ヶ月以上前になりますが生頼範義展行きました。
生頼さんといえば3年前に79歳で亡くなった戦後の映画や商業イラストでは見たことがない人はいないくらいのイラストレーターです。名前を知らなくても絵は見たことがあると思います。ゴジラやスターウォーズシリーズ、信長の野望など幅広い仕事と生涯で3000点の絵を描いたすごい人。映画ポスターでよくある人の顔が周りにあったり中央に人がいる三角形のレイアウトを最初にやったのはこの人で映画ポスターグラフィックデザインの元祖。才能と努力と忍耐と物量を目の当たりにしました。

 

圧倒的な写実画家が商業イラストに生涯徹した姿を見た気がします。

これだけ有名なイラストレーターなのではたから見れば成功者なんだと思います。しかし自分のことを生活のための絵描きと言っていてアートとしての画家になりたかったとしたら何かを諦めた人なのかもしれないと思いました。小さい頃空襲に合い、疎開したころから夢よりも現実を見て生活を重視したのかもしれません。空襲の中、トイレで漫画を描いていた手塚治虫とは真逆ですね。

僕が学生の頃はノーマンロックウェルと空山基さん、生頼範義さんの画集よく見ていました。リキテックスというアクリル絵の具を使っていましたが薄塗りで描いていたので参考にしてたのは空山さん。生頼さんと同じクレセントボードとリキテックスで描いていましたがクレセントボードって世界堂に売ってなくてトゥールズにしかなかったのを思い出しす。
宇宙を緑にするセンス。今とは違いネットのない中で資料とかどうしていたんでしょうか。油彩から入ってる人だからリキテックスも結構厚塗りで下地の濃い色からハッチングで白色浮き出しで描いてるのも多かったです。たばこのホープのポスターなどは50号キャンバスで金網とかレンガも一枚一枚描いてて見てるだけで疲れてしまいます。締め切りないなら少しずつ描けばいいと思いますが締め切りが決まってる中であの描き込みはやりたくても怖くて普通出来ないです。

またいつか展覧会があれば見に行きたいと思います。

   

 

2017.11.06

ダンケルク

ダンケルク観てきました。もう3週間前ですが。
まさに戦争体験でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンケルクはイギリス・フランス軍がドイツ軍に追いつめられた海水浴場なんですが浅瀬なので大きい船が近づけない。この状況で空爆やらで攻撃されながら長い桟橋を渡りながら船に乗り込まなければならなくて40万人もの人がこの橋を渡りながら順番待ちしてるから攻撃されればしゃがむしかないみたいな状況。33万8000人が脱出するのは決まってる結末なのでこんな中どうやって助かるんだって思いながら観る映画です。

 

 

 

 

 

 

監督のクリストファーノーランはCGが嫌いらしいので全て実写でフィルム撮影。
ダークナイトでも実際に巨大なトレーラーがひっくり返るシーンも本物を使っていたらしいですし、今回も本物の戦闘機と軍艦を使ってます。爆発も実際に起こしているので役者が演技いらないほど。リアルにビビっちゃうので。
実写のため本当は100機以上の戦闘機が飛行していたらしいですが焦点を数名の登場人物にしぼって寄り気味に撮影しています。その辺でドイツ軍に攻め込まれている雰囲気が感じにくいなどの批判もあるようですが実際の人間目線で観たらそのくらい何が起こっているかわからない状況だと思うので自分はリアルだと感じました。
味方の戦闘機が現地に向かうの場面も現地に到着するまでの燃料しかないので常に秒針が鳴っています。これも緊張感をあおってくる。観た後はどっと疲れました。

ストーリーを楽しむというよりゼログラビティのような体験する映画です。実際にこの中に兵士として参加しているような感覚になるので戦闘のまっただ中にいたら助かるだけで奇跡と思わせてくれます。IMAXの画角で撮影されているのでぜひIMAXで観るのがオススメです。

http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

2017.07.10

ミュシャの大作、スラヴ叙事詩

もう終わってしまいましたがミュシャのスラヴ叙事詩を見に行った感想です。サイズは小さいものでもおよそ4 × 5メートル、大きいものでは6×8メートルに達する大作20作が展示されるのは世界初です。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はこれほどのサイズの絵なので一番良い鑑賞距離がわからず戸惑いました。
近くにより過ぎると映画館の前列に座ってしまったかのように全体が見渡せない。10mくらいは離れないと全体の色調もしっくり来ない。このサイズの圧倒的な迫力は初めての経験でミュシャは城をアトリエにして描いていたらしいですが、この会場さえもこの作品を展示するには狭い印象でした。(画像はwikipedia)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗過ぎかなと思った色調やのっぺりした印象に見える色使いもベストだなと思う距離に立つと急にしっくりハマりその場にいるような雰囲気に感じられました。
人物描写はモデルを雇っていたのは知っていましたが、建築物や小物、服装などはどのようにモチーフを調達していたのだろうと思いながら観賞していく中で、サラのポスター時代からスラヴ叙事詩に至るまでの仕事内容も展示されており、装飾などを植物などのデッサンからマイ素材集のような形でのストックと、建築や舞台演出、装飾品や服飾など様々なデザインをしており、ミュシャの素材デッサンストックの中に舞台用の美術や建築などもあったのだろうと思いました。

ポスターも徐々に写実的な油彩のポスターや装飾品に変化していき、仕事のすべてが最終的にスラヴ叙事詩に繋がっていたのだなと理解。これだけの仕事の量と幅を一人で行い、さらに美術品として展示できるクオリティの高さは感嘆。ここまでやられると現代のデザイナー、イラストレーター、画家、建築デザイナー、服飾デザイナーはどうすればいいのか。生頼範義、天野喜孝、宮崎駿、宮本亜門、藤島康祐、ザハ・ハディッド、佐藤可士和を一人でやっているような印象。とにかくこれほどのスケールの展示会はあまり観られないと思うので観賞できてよかったです。 

 

2017.03.13

クラーナハ展に行きました

1月に上野で開催されていたクラーナハ展へ行ってきました。
クラーナハは日本ではあまり馴染みのない画家かもしれませんが、ルネサンス期のドイツの画家で
北方ルネサンスと呼ばれるジャンルに入ります。もう少し有名なところでデューラーや、ティツィアーノと同時代の画家です。
この二人の画家と比べると写実的ではあるものの、デフォルメしている画風で好みのプロポーションにしているように感じます。ルネサンスの少し前の時代のゴシック様式を色濃く出したダークで妖艶、とにかくフェチを前面に出した作風で「やっぱ変態だなぁ」と思いながら楽しんで観賞できました(笑)。油絵の割に薄塗りで絵の具の盛り上がりもなく下地の板が透けている程です。そういう部分では日本人好みではあるかもしれません。ベルセルクの作者も影響を受けてそうな画風ですね。

今年は見応えのある美術展が多く開催されます。先週から開催されているミュシャ展は6m×8mの20点の超大作「スラブ叙事詩」が全点日本に集結しています。ミュシャ展自体は数年前にもありましたが、この大作は印刷で紹介されていただけでした。現物を観るにはチェコに行かなきゃダメかぁと思っていましたがこんなに早く観れるとは思いませんでした。
世界初公開でなかなかない機会なのでオススメですよ。http://www.mucha2017.jp/
IMG_2072IMG_2070

2016.10.31

今年の展示会

毎年も池袋のオレンジギャラリーで専門学校の卒業生で展示するグループ展がありました。
今年もプロから趣味で参加する人まで様々なメンバーが集まりました。

 

14724488_925217530917121_8664279253918588164_n
14753198_1669799296665924_3152479950315203934_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年卒業生達と顔を合わせる機会があって楽しいです。
今年は油絵一点、デッサン一点出品しました。締め切り前は焦りながらもやっつけにならないように
ペースは速めずたんたんとなかなか完成までできず今回も8割くらいのできでしたがなんとか展示するクオリティにはなったかなと思います。

cu7yyykvyaa7rvw

cqttfveukae-ws_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日は在廊していたのですが色々な方に来ていただいてお菓子など差し入れなどももらいました。
一人の方は郵送で送ってくれたのですが黒い箱に入っていて差出人の名前も書いていなかったので完全に爆発するやつかと思いましたが届いてすぐ後に来てくれた会社のW林さんでした。怖すぎるので勘弁してください。中身はフルーツでできたブーケ。相変わらずすごいもの持ってきます。解体しながら食べました。毒は入ってなかったみたいでよかったです。ありがとうございました!

 

14670621_984165698377277_2487911534402262558_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年もたぶん10月くらいに開催すると思いますので興味があればぜひ覗いてみてください。
これから完成まで仕上げたら来年の作品に取りかかりたいと思います。
下の写真は今年あまり写真撮らなかったので昨年のものです。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

1 / 3123

PAGE TOP