2017.11.20

池袋の「ニッポン全国物産展2017」に行ってきました!

コラボカフェが大好きな私としては、週末は「コリラックマカフェ(来店5回目)」もしくは「ぐでたまかふぇ(初来店)」に行くつもりでした……。

あれは忘れもしない先週土曜日。
ぶらぶら池袋を歩いていると、かわいいおねーちゃんがチラシを配っているところに遭遇。
普段であればチラシなど受け取らない私ですが、たまたま前を通り過ぎる時におねーちゃんが呟くように言った「物産展やってまーす」のひとことに足が自動的に止まり、そしておねーちゃんからチラシを受け取ってしまいました。

そこに書かれていたものは
『ニッポン全国物産展2017』
の文字!

 

 

 

 

 

コラボカフェも好きなのですが、それよりもなによりも物産展好きな私はもうコラボカフェのことなど既に頭から抜けておりました。
あのぎゅーぎゅーで美味しいものを食べに、買いに行くはずがもみくちゃにされて半泣きで帰るしかない「ふるさと祭(場所:東京ドームシティ)」にも毎年前売り券を買ってまで行く、物産展好き。
もう頭おかしいですね。

今回、運よくと言うか(おねーちゃん、Goodjob!)チラシをゲットしてしまったので、友人と共にサンシャインワールドインポートマートへダッシュしました。
展示ホールA・B全てを使いきった会場に、所狭しと日本全国から選りすぐりの名店が出展し、お財布の中のユキチが何人も旅立ってしまう、お財布には冷たいでもココロはあったかくなれるパラダイスな場所なのです。

でもね、失敗しました。まさか物産展があるとは知らずに、がっつりと焼肉ランチをかましてしまった私と友人。
結構腹いっぱいで、フードコートを攻めるバカっぷリです。
(と言うか、よく考えてみたらコラボカフェに行くつもりのくせに、焼肉ランチの時点でなにも考えていないのが丸わかりですね)
カニ丼やら、コロッケ(コロッケニストの私は常にコロッケチェックを欠かしません)やら、寿司やら、腹いっぱいの私たちにとっても重いラインナップ。
でもこんなことではめげません。めぼしいものを片っ端から購入し、すべて「ふたりではんぶんこ」で少しずつたくさん美味しいものを食べまくりました!
最初は席が空いていなくて立ち食いならぬ柱に寄りかかり食いを強いられていましたが、食欲減退の前に足が限界になってきたのを神さまが察したか、突如目の前の席が空くと言う奇跡の合わせ技で、なんとフードコートに「4時間」も居座っておりました……。
腹いっぱいと言った口はどいつだと言われてもおかしくない程、とにかく食べる⇒休憩⇒休憩だから軽く(フランクフルトだけ)食べる⇒少しおなかに余裕が出てきたからがっつり食べる⇒ちょっと休憩(コロッケ食べる)⇒うどんたべる⇒休憩でソフトクリーム食べる……
と、ギャル曽根さんも真っ青レベルに4時間食べ続けるバカふたり。

でももう限界越えそうってことで、諦めてフードコートを後にし物産会場へ散歩兼ねて遊びに行きました。

もうとにかくいろいろなお店が来ていました。
お茶だったり(買った)、酒だったり(買った)、果物だったり(買った)、野菜だったり(当然買った)、ラーメン売ってたり(買った)、ジュースだったり(買った)、ケーキなんてのも(買うさ、そりゃ)!
試食したり、試食したり、試食したり(腹いっぱいはどこいった)であちこちのお店のスタッフさんと談笑し、買い物して幸せな時間と会場でした。
荷物も限界で帰りはクロネコヤマトさんが出張していて、そこでまとめて荷物送れると言うことでお任せし、身軽になったところで帰宅しました。
その帰り道で安納芋を貰った(無料で4本ももらっちゃった!)のは大誤算。もっと早く貰っていたら荷物に混ぜられたのに……しくしく。
身軽だわ!と喜んだのはほんの数分。結局は重くて美味しい安納芋を手に自宅へ帰ったのでした。

でも、その日のうちに焼きイモにしていただいたらとんでもないくらい美味しくて、追加で買ってくればよかった!と本気で思うくらい美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは京都の飴細工屋さんが来ていたので、リクエストで「ゴージャズな奴!!!」ってお願いしたら作ってくれた京都の「青龍」です。
もっとおどろおどろしい感じかと思ったら、けっこういい奴っぽい顔していて(たぶんこいつなら、足蹴っ飛ばしても怒らないでいてくれそう)、ちょっとしたゆるキャラみたいだなと感想を抱きました。
(大人だから、口には出さなかった)
いろんなひとに見せびらかしながら帰ったので、自宅に到着する頃にはひげが5本ほど根元からぼっきり折れていてちょっとブルーな気持になったのも、いい思い出。

次の日、恐怖のヘルスメーターに乗ったら、体重が1.5kg増えていて、納得の結果でした。
逆にあれだけ飲み食いして1.5の被害だけで済んだのか、そりゃあ池袋本気で練り歩いたもんなあ運動量はんぱなかったもんなあと、我がボディに感心してみたりもしました。

2017.11.13

忘年会シーズン突入?

11月も半ばになり、今年も残すところひと月半になりましたね。
そう、信じられませんがもう年末なんです。
そして、年末といえば、忘年会。

週末に今年初の忘年会がちょっと(いや相当)早いけど
開催されました。
趣味でやってるバスケチームの忘年会です。
今年は、メンバーのお家で開催されました。
流行りのホームパーティってやつですよ。
なんだかイマドキっぽいですね。

久々に会えたメンバーにうれしくなり、
メンバーの子どもたちの成長におどろき
(なかなか会わないから)
とても楽しいひとときでした。

帰り際、皆口々に忘年会の常套句「良いお年を~♪」
なんて言ってみたものの、皆、感覚として受け入れられず、
来月また集まろうか、という話が出てお開きになりました。
あまりに早すぎるのもアレでしたね。

これからが忘年会のハイシーズンになりますが、
羽目を外しすぎないように、楽しみましょう!!

2017.11.06

ダンケルク

ダンケルク観てきました。もう3週間前ですが。
まさに戦争体験でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンケルクはイギリス・フランス軍がドイツ軍に追いつめられた海水浴場なんですが浅瀬なので大きい船が近づけない。この状況で空爆やらで攻撃されながら長い桟橋を渡りながら船に乗り込まなければならなくて40万人もの人がこの橋を渡りながら順番待ちしてるから攻撃されればしゃがむしかないみたいな状況。33万8000人が脱出するのは決まってる結末なのでこんな中どうやって助かるんだって思いながら観る映画です。

 

 

 

 

 

 

監督のクリストファーノーランはCGが嫌いらしいので全て実写でフィルム撮影。
ダークナイトでも実際に巨大なトレーラーがひっくり返るシーンも本物を使っていたらしいですし、今回も本物の戦闘機と軍艦を使ってます。爆発も実際に起こしているので役者が演技いらないほど。リアルにビビっちゃうので。
実写のため本当は100機以上の戦闘機が飛行していたらしいですが焦点を数名の登場人物にしぼって寄り気味に撮影しています。その辺でドイツ軍に攻め込まれている雰囲気が感じにくいなどの批判もあるようですが実際の人間目線で観たらそのくらい何が起こっているかわからない状況だと思うので自分はリアルだと感じました。
味方の戦闘機が現地に向かうの場面も現地に到着するまでの燃料しかないので常に秒針が鳴っています。これも緊張感をあおってくる。観た後はどっと疲れました。

ストーリーを楽しむというよりゼログラビティのような体験する映画です。実際にこの中に兵士として参加しているような感覚になるので戦闘のまっただ中にいたら助かるだけで奇跡と思わせてくれます。IMAXの画角で撮影されているのでぜひIMAXで観るのがオススメです。

http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

2017.10.30

名前の由来

近々ストリームスのスタッフ紹介ページのリニューアルがされます。
ボクの紹介文の中で触れているのですが、
愛犬の呼び名を「くちゃー」にしていることに
疑問をもつ方がいると思いましたので、ここで補足します。

前回のブログにもミルク(本当の名前)の写真を載せましたが、
ご覧のとおり、顔がクチャクチャしてみえるので、
なんとなく風貌にあった呼び名で呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前ミルクを「クッティ」と呼んでいた時期もありました。
当時は2〜3kgを維持しマルチーズとしては
ドッグショーに出られる理想の体重を推移していたので、
ちょっとアイドルっぽい愛称で呼んでいました。

しかし、どうでしょう。
ミルクは散歩嫌いで、日々ダラダラ、ゴロゴロするのが大好き。
(だけど、抱っこ散歩は大好き)
今や4kgを優に超え、当時の倍近くまで横に成長し、
「肥○」とういう言葉がふさわしいほどになりました。

愛らしい顔をしてますが、このクチャクチャ顔
もはや「クッティ」ではありません。変えるしかないでしょう。

で、音感も近い「くちゃー」となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

…でも、また、いつか、
「クッティ」と呼べる日をめざして。

2017.10.23

アンパンマンミュージアム

先日、子供達を連れて横浜にあるアンパンマンミュージアムに行ってきました。

 
もちろん私も子供たちも生まれて初めて行くアンパンマンミュージアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有料のミュージアムと無料で入れるショッピングゾーン的な所もあり、子供(上の子)は大興奮!!
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、それを追いかける私…。

 

一通り回った後にバイキンマンのショーを見に行くと、走り回って疲れたのか、途中から寝てしまい、最終的に子供を抱っこしながらオジサン(私)一人でバイキンマンのショーを見るという結果に…。
(嫁と下の子は外で待機)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後はアンパンマンミュージアムを出て横浜コスモワールドの観覧車へ。
1時間くらい並んで、やっと乗ると横浜の綺麗な夜景が広がっていました。
これも喜んでくれると思いきや、観覧車内にある横浜の周辺情報などが分かるタッチパネル式のナビに夢中になって、景色なんか見やしねぇ…。
ちなみに下の子は爆睡中…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、何はともあれ楽しんでいるようだから、行った甲斐はあったのかな…。

2017.10.16

早めにみせたほうがいいです

8年ほど前(もっと前かも)に背中に突然でっぱりができてしまい、病院に行ったところ「粉瘤です」と言われました。

【粉瘤】新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が、皮膚内部(真皮)に溜まることによってできる良性の嚢胞性病変の総称(-omaという接尾語をもつが新生物とは考えられていない)。(wikipediaより引用)

「手術しますか?」と軽い感じで言われたのですが、親からもらった大事な体に傷をつけたくない私はキッパリと断り、薬をもらい病院を後にしました。その後、薬のおかげで粉瘤は無事なくなりました。

 

少し膨らんだり萎んだりを繰り返しながら今まできたのですが、今年の8月中旬辺りからまた成長しはじめ、ほっとけばまた小さくなるだろとたかをくくっていたら、尋常じゃないぐらいに大きくなってしまいました。

寝るときは当たって痛いし、Tシャツを着れば膨らみが目立つ。こりゃたまらんと意を決して手術をすることにしました。

 

人生初手術(日帰り)だったのですが、まあ、なんというかもうぐったりでした。

手術からもうすぐで1か月経つのですが、かなりの広範囲を切開したので、まだ傷口がふさがらずいろいろと不便な思いをしています。

 

これを教訓に、これからは体におかしなところがあったら早めに医者に診せようと思います。

思うだけですが。

2017.10.11

夏休み旅行

今年の夏休みはドイツとオーストリアに行ってきました。
1ヶ月半前の特典航空券発券だったので、唯一空席があったデュッセルドルフから入国して、そのままケルンへ移動。ケルン大聖堂は流石に圧巻でした。

 
2日目は電車でライン川沿いの小さな町バッハラッハへ。
ライン下りツアーだと相手にもされない町だけど、間違いなく最も素敵な町だと思う。山上の古城からの眺めも素晴らしい。再び電車に乗ってマインツへ。ここもライン下りツアーから外される町だが、シャガール作のステンドグラスで囲まれた教会は必見。今日は激しく移動。再び電車に乗って本日の最終目的地ハイデルベルクへ。2箇所ある高台の写真スポット両方に行ったので、ヘトヘト。9時過ぎまで明るいのも諸刃の剣。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は、フランクフルトをさっと観光してからロマンティック街道の始点ヴュルツブルクへ。宮殿が素晴らしかったけど写真撮影禁止なのが残念。そして、次はいよいよその時が来ました。最も行きたかった真打ローテンブルク!これはヤバイ、ヤバ過ぎる!1本の路地も見逃さないぞとばかり歩き回る。歩く歩く。。疲れた。
4日目は、バスでデュンケルスビュールを観光してからネルトリンゲンへ、ここは円形の城壁が完全に残っている貴重な町。1周1時間かかりました。今日は休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5日目は、ドナウヴェルトを観光してからアウグスブルクへ、ここの市庁舎の黄金の間は圧巻。次のミュンヘンでホテルにチャックインしてからニュルンベルクへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

6日目は、全工程を自力で日帰りするのは不可能なので、現地発ツアーを利用。
ノイシュバンシュタイン城などを見て回りました。今日は雨。。

 

 

 

 

 

 

 

 

7日目は、日帰りでオーストリアのザルツブルクへ。下右はモーツァルトの生家。

 

 

 

 

 

 

 

 

8日目は、ミュンヘンを観光して帰国の途へ。南ドイツは本当に魅力的だ!

 

1 / 4512345...102030...最後 »

PAGE TOP