Home > 中村 拓実
2013.10.28

ひとつの時代の終わり

メジャーリーグではワールドシリーズが始まり、田沢投手、上原投手がシーズン中の好調を維持し、その活躍を日本のお茶の間に届けてくれています。

日本のプロ野球ではドラフト会議も終わり、日本シリーズの真っただ中です。
しかし、日本シリーズなど特別興味はありません。
なぜなら私は東京ヤクルトスワローズのファンだからです。

今シーズンスワローズにとって、いや、日本野球界にとってひとつの大きな出来事がありました。
ファンに愛され、選手から尊敬を集めた宮本慎也選手が惜しまれつつ引退しました。

3度の日本一、ゴールデングラブ賞を通算10回授賞、257連続三塁手守備機会無失策(セ・リーグ記録)、ベストナイン、シーズン67犠打(プロ野球記録)、打撃でも2012年5月4日対広島で通算2000本安打を記録(通算2133本)と素晴らしい成績を残しただけでなく、日本代表としてもオリンピックやWBCで絶大なるキャプテンシーでチームを引っ張った勇姿は今でも忘れられません。

引退試合には行くことができなかったのですが、9月28日~10月4日に行われた「宮本慎也ファイナルシリーズ」に行ってきました。最後のプレーを目に焼き付けようとしましたが、観戦中、涙で前がよく見えなかったのは私だけではなかったはず。このブログを書いている今も若干目頭が熱くなってしまいます。

photo1photo2photo3

 

 

 

 

 

またいつか、その姿をグランドで見れる日を夢見て
「WE ARE THANKFUL FOR YOUR BASEBALL LIFE」

4 / 41234

PAGE TOP